Joomler!.net - Decided on Joomla!

Jboard is Multiple Board!

 

Archives

Blog

Demo

Home » Blog » メニュー
2 votes
Written by:Joomler! 8619 hits Wednesday, 02 September 2009 07:29

現在のJContentPlusのバグ修正やある程度の見直しは、進めようと思っています。

jcontentplus_1.2.0

現在の予定では、

  • 基本設定を別画面にする。(画像のようになります。)
    • XML-RPCとMootoolsプラグインを除くすべてのプラグインの設定とコンポーネントの設定が一画面になります。
  • ファイルのアップロード権限をユーザーグループ単位で設定可能。
  • ライセンス同意をポップアップか、通常表示の選択機能。
  • メニューアイテム毎の設定のオーバーライドを強化(一部の機能)

これらと判明しているバグを修正し、JContentPlus1.2.0とします。

 
3 votes
Written by:Joomler! 14645 hits Tuesday, 11 August 2009 09:07

先日、ギャラリーコンポーネントがJoomlaにあればと聞き、いったいどういう風に表示したいのか聞いてみた。

サムネイルを表示させてクリックすると、元の画像とともに説明文が表示されれば良いと。

こう回答しました。

それなら、Joomla!が持っている機能だけでできるよ。と。下が実際に作成してみたもの。

gallery_kamo_05

Read moreを表示したくないなら、一度記事を保存した後、もう一度開き、その記事ののリンクをそのサムネイルに貼れば良い。

 
2 votes
Written by:Joomler! 9131 hits Tuesday, 07 July 2009 07:38

Joomla!1.6では、セクションが無くなって多階層カテゴリーが実装されます。

joomla16_category_manager_001

さらに、良くなっているのは、カテゴリーにもMeta Keyと Meta Desc項目が増えている事です。これは、以前から欲しい機能でした。JContentPlusでは、それを補うように各カテゴリーの説明から自動生成する機能をつけているくらいです。

 
0 votes
Written by:Joomler! 8117 hits Tuesday, 02 June 2009 17:16

遅いかな・・・。

Joomla!1.5では、SEFURLにするためにコンポーネントは、コンポーネント名HelperRoute, コンポーネント名ParseRouteなどという名前でメソッドを書かなければならない。ここで、Joomla!1.5のcom_contentのrouteや、routerを見てみると、かなりややこしいことをしている事がわかる。それは、一つのアイテムを複数のメニューで表示可能にしているからです。

Joomla!1.5の場合、View毎にメニューを割り当てること(実際にはViewの中にさらにレイアウトがある)ができるので同じアイテムを複数のメニューから参照できることになってしまいます。となると、そのアイテムを表示したいとき、どのメニューから表示すれば良いのか判断することは、非常に難しいことになります。

 
0 votes
Written by:Joomler! 6096 hits Wednesday, 13 May 2009 17:20

prism_1.0.0

早速、再度インストー ルして使ってみたが、結論、もっと良くなるまで使わないだろう。

Google Chromeを使う。

  • アイコンがFaviconから自動で作成される。
  • 軽い。Prismは重い。(何よりこれだろうか)
  • メモリー消費量がChromeの方が低い。(大きな差というわけではない。)
 
2 / 4

JContentPlus for Joomla!1.5 powered by Joomler!.net

joomler.net is not affiliated with or endorsed by the Joomla! Project or Open Source Matters.
The Joomla!(R) name is used under a limited license from Open Source Matters in the United States and other countries.
joomler.net is not affiliated with or endorsed by Open Source Matters or the Joomla! Project.