Joomler!.net - Decided on Joomla!

Jboard is Multiple Board!

 

Archives

Blog

Demo

Home » Blog » xampp
0 votes
Written by:Joomler! 15222 hits Saturday, 08 December 2007 17:13

サイトを運営していると新しいエクステンションをテストしたり、表示を確かめることってありますよね。Joomla!の場合オンライン上で記事を書き、また編集できちゃうので以前のローカルでテストしてということをされていない方もおられるのではないでしょうか。

サイトのローカルコピーを先日再作成したときの手順を書いてみます。

必要なもの

  • FileZilla FTP Client
    これは、いつも使っているFTPクライアントでOKです。なぜFileZillaかは、以前の記事 に書いたように多重接続ができるからです。また、サーバー側でバーチャルシェル機能(サーバー側で圧縮展開できる)などがある場合は、また別です。
  • phpMyAdmin
    データベースをバックアップできればなんでも良い。
  • テキストエディタ
  • ローカルWebサーバ環境
    XAMPPなどで環境を作成してください。

ファイルのコピー

まずは、サーバー上のファイルをすべてローカルWebサーバー上のXAMPPならhtdocs以下の任意のフォルダにコピーします。

XAMPPをインストールしたフォルダ D:\xampp

サーバー上のファイルを入れるフォルダ D:\xampp\htdocs\example
この中にすべてのファイルを入れる。(htdocs直下を使っても良いが、XAMPPのファイルと重複したりするので注意。)

configuration.phpを編集

  • $mosConfig_absolute_path = 'D:/xampp/htdocs/example';
    \マークがスラッシュになっていることに注意してください。
  • $mosConfig_cachepath = 'D:/xampp/htdocs/example/cache';
    \マークがスラッシュになっていることに注意してください。
  • $mosConfig_db = 'あなたのこれから作るローカルデータベース名';
  • $mosConfig_user = 'あなたのローカルDBユーザ名';
  • $mosConfig_password = 'あなたのローカルDBパスワード';

データベースをコピー

phpmyadmin.jpgサーバー上のphpMyAdminを使いエクスポートを選択。
サーバーによって異なりますがデータベースを表示している場合は、テーブルすべてを選択。データベース名を選択できる場合は、該当のデータベース名を選択します。(イメージ参照)

そして以下にチェックをいれます。
(これは、チェックしなくても問題ないですが、失敗したときや個別にテーブルをインポートするときなどに便利です。)

  • DROP TABLE / DROP VIEWを追加
  • IF NOT EXISTS を追加

最後にファイルに保存するにチェックを入れそのまま実行するボタンを押し、ローカルPCのどこかにファイルを保存します。

localhost.sql (ファイル名は、環境により異なりデータベース名だったりします。)

これで、ローカルPCにデータベースのデータがコピーできました。

XAMPPのphpMyAdminを開く

  • http://localhost/phpmyadmin

database_create.jpgデータベースをインポート

サーバー上と同じデータベース名(異なっても構いません。上の「これから作るローカルデータベース名」のこと)でデータベースを作成する。
このとき、照合順序に注意してください。

※そして必ずチェックしてください。上記で作成したローカルPCにコピーしたsqlファイルを開き、下記のような部分が無いかチェックしてください。
(ファイルのはじめに一カ所しかありません。)

  • database_caution.jpgDROP DATABASE `あなたのデータベース名`;
    「あなたのデータベース名」というデータベースがあれば削除します。

  • CREATE DATABASE `あなたのデータベース名`;
    「あなたのデータベース名」というデータベースを作成します。

  • USE あなたのデータベース名;
    「あなたのデータベース名」というデータベースを使用するよう指示します。


DROP DATABASEの行とCREATE DATABASEの行は、削除してください。そしてUSE~の行があれば上で作成したデータベース名を書けば良いのですが、今回は削除しましょう。
※sqlファイルを開くとき文字コードに注意してください。Joomla!の場合大抵UTF-8です。保存するとき異なる文字コードで保存してしまうと壊れます。

作成した空のデータベースをphpMyAdminで表示します。
空なのでテーブルがありませんと表示されています。

database_in.jpg上のメニューから「インポート」をクリック。先ほどのsqlファイルを指定し、実行するボタンを押下。

しばらく待ってインポート完了。


http://localhost/exampleを開く

※MySQLのサーバーとローカルでのバージョン違いなどでエラーが出る場合があります。その時は、そのエラーを見て該当する部分を修正しないといけないこともありますのでご注意ください。

 
0 votes
Written by:Joomler! 12811 hits Friday, 09 November 2007 18:35

Windows版のXAMPPは、PHP4とPHP5の両方のiniファイルがあるようなのですが、Linux版には無い?独自の設定はどうしたらよいのか検索してみたが、なかなか見あたらない。(検索ヘタか・・)phpinfo()を見てみるとどうも同じphp.iniを使っているようだ。じゃあ別のphp.iniを読み取るように変更すればいい。 (XAMPPは、1.6.4です。)

    vi /opt/lampp/etc/extra/httpd-xampp.conf


LoadModule php4_module        modules/libphp4.so


LoadModule php5_module        modules/libphp5.so


PHPIniDir /opt/lampp/php4
LoadModule php4_module        modules/libphp4.so


PHPIniDir /opt/lampp/php5
LoadModule php5_module        modules/libphp5.so

と付け加え

それぞれphp4とphp5のフォルダにオリジナルのphp.iniをコピーして独自の設定を書き込む。

XAMPPを再起動。

ちなみにxdebugを入れてみましたが、この方法だとphp4だけは動きませんでした。

Zend Debuggerは切替できました。

Windows 版にも同じように(Windows版にはhttpd.confに記入しました。)

以下を最後に追記


PHPIniDir "D:\Program Files\xampp\php5"


PHPIniDir "D:\Program Files\xampp\php4"

php4、php5は、自分がわかりやすい適当なディレクトリでOK。 一応動いている。

 
Nov
1
2007

Ubuntu で復旧

EMailPrintPDF
0 votes
Written by:Joomler! 7864 hits Thursday, 01 November 2007 20:41

Ubuntu デスクトップ版でLinuxテスト用サーバーを復旧しました。DVDも再生出来るようにし、素早く復旧できたことに感謝しています。LAMPは、結局XAMPPを選択しました。それは、PHP4とPHP5の切替が簡単にできるからです。まだほとんどのサーバーはPHP5になっていないので両方の環境がないとと思っています。検索してみると切替ができるようにインストールすればXAMPPでなくても可能というドキュメントがありましたが、面倒・・・なのでやはり、XAMPPを。

xampp.jpgapache friends

 Ubuntuを入れてみて、デスクトップとして「Linuxも選択肢」になるというのが感想です。開発環境ならLinux版がたくさん出ているし、私が普段使っている常用アプリならLinuxのもので大抵は代用できそうです。今度メインマシンを大掃除するときは、デュアルブートにしてみようかと思っています。今回HDDが壊れて自宅サーバーをやめてレンタルサーバーでテスト用をとも思ったのですが、Linuxも触っていないと忘れますからね。特に私は、わすれっぽいから。

Ubuntuでのテスト環境です。

PHP Built on: Linux service 2.6.22-14-generic #1 SMP Sun Oct 14 23:05:12 GMT 2007 i686
Database Version: 5.0.45
Database Collation: utf8_general_ci
PHP Version: 5.2.4
Web Server: Apache/2.2.6 (Unix) DAV/2 mod_ssl/2.2.6 OpenSSL/0.9.8e PHP/5.2.4 mod_apreq2-20051231/2.5.7 mod_perl/2.0.2 Perl/v5.8.7
Web Server to PHP interface: apache2handler
 
<<<12>>>
2 / 2

JContentPlus for Joomla!1.5 powered by Joomler!.net

joomler.net is not affiliated with or endorsed by the Joomla! Project or Open Source Matters.
The Joomla!(R) name is used under a limited license from Open Source Matters in the United States and other countries.
joomler.net is not affiliated with or endorsed by Open Source Matters or the Joomla! Project.