Joomler!.net - Decided on Joomla!

Wiki or Wordpress? No it is JContentPlus.

 

Archives

Blog

Demo

Home » Blog » 可能
0 votes
Written by:Joomler! 17170 hits Thursday, 01 November 2012 15:02

昨日見たサイトである意味間違ってはいないが、普通それはやらないことが書かれていたので書いてみる。

Joomlaは、1.5以下は管理画面からのアップデートが無いので比較しながら、コアファイルをアップロードしていくという方法を行ってもまあ、できる範囲かと思っていた。1.5より上位バージョンからは、管理画面からアップデート可能なので大抵ファイルを比較することなくアップデートしていると思う。私もそうだ。ところが、そうなるとコアファイルを変更していてそのファイルが更新された場合、再度編集し直さないといけないことになる。それが致命的なことであれば大変なことになるだろう。だから、コアファイルを編集することは、極力避けるべきだと思います。

現在のJoomla(ほぼ1.5から)では、コアファイルを編集せずとも大部分のことがエクステンションでカスタマイズすることが可能です。ですが、少しのことでエクステンションを作成していては無駄なこともあります。表題のheadタグ内の編集もそうです。逆に自由に編集するためにエクステンション化する事の方が面倒なくらいです。

 
0 votes
Written by:Joomler! 8516 hits Monday, 17 January 2011 06:28

CKEditor CKEditorをチェックしてみると、あらあらやっぱり、新しいバージョンがリリースされてます。早速、新しいCKEditorに置き換えてみる。中身を見てみると、何やら以前のバージョンには無かったPHPファイルがいくつか入っていて、確かに何か変更されているのか・・・。What’s Newを読んでみても、Joomlaでエディタとして使う場合、どれか該当するものがあるのかよくわからない。

とりあえず、PHPファイルは不要なので削除し、空のindex.htmlを追加して試してみた。

問題なさそうです。

さて、私の作成する(と、言っても普通にCKEditorのライブラリを呼び出しているだけなので、なんとも言い難いが・・・)プラグインは、CKEditorのイメージ挿入などでポップアップから、画像一覧など出てきません。これは、本来Joomlaの構造からすると、プラグイン単体では面倒だからです。これは、コンポーネントを絡めることが、Joomlaの場合正当なのじゃないかと思っています。もちろん、コンポーネントを絡めて作成しても面倒ですが、セキュリティ的には安心できるものが作成できるのではと思っています。

この簡易というかデフォルトなCKEditor。Joomla1.5用は、前のままで使えているようなので、まずJoomla1.6用のCKEditorを作成してみました。

やってみると、Joomla1.6では、やはり若干変更されていてJoomla1.5用のものをそのまま使うわけにはいかないようです。(純粋なJ1.6としては)同じ関数でも引数が異なったり、XMLファイルの仕様が全然異なります。また、CKEditorのバージョンアップによる変更のためでしょうか、今まで同様では、エラーが出てしまいます。

とりあえず、作成したので前作同様、Juser.jpフォーラムに置きました。テストしてみてください。

joomla16_ckeditor

 
0 votes
Written by:Joomler! 11172 hits Monday, 18 January 2010 07:35

以前に5分で作るJoomla!モジュールとしてJoomla!1.0.x用の簡単なモジュール作成例を書いたが、今回はJoomla!1.5用です。しかも、LatestNewsモジュールとして使えるものを作成します。と書き始めたものの、長くなるかもしれないので2回くらいに分けるかもしれません。対象は、PHPとか知らなくてもコピーペーストができたらできるレベルです。

mod_example_complete

 

左が完成後の画像です。
(リストになっていますが、テンプレートの関係上リストのように見えていません。また、表示されているのはタイトルですが、いつもDummy Lipsumを使ってダミー記事を作成しているため、こうなっています。)

普通のJoomla!のLatestNews(最新ニュース)を表示するモジュールです。ですが、最終的には少し気になる点を改善していくことにします。また、少し機能を追加してみます。

完成後のファイルは、最後にダウンロードできます。

 
 
0 votes
Written by:Joomler! 11664 hits Saturday, 19 December 2009 07:22

昨日公開したJoomla!1.5 FeedEaterコンポーネントについてわかりにくいと聞いたので補足します。(確かに、下手な英語で書いてあるので余計わかりづらい)

feedeater 何ができるのか

  • RSSリーダーで読んでいる記事をそのままサイトの記事として取り込む事ができます。
  • フィード毎にセクション・カテゴリの割り当てができます。
  • フィード毎にフィードアイテムの公開日に何日足して公開、または、その公開日から何日間だけ公開といった事ができます。
  • RSSフィードの取り込みは、全自動で行われます。(サイトの訪問者によって自動で取り込みが行われます。訪問者が居なければ取り込まれません。)
    Cron用のリンクもありますので、手動取り込みも可能です。
    また、更新間隔も指定できるのでサイトの更新が頻繁に行われる場合などにも対応可能です。
  • RSSフィード毎にフィードから取り込む記事数を指定できます。
  • 作者を作者の別名に割り当てることで、RSSフィードアイテムの作者を表示できます。
    ※フィードに作者情報が無い場合は、できません。
  • ”さらに読む” のリンクを置き換える機能
    これを使うとタイトルのリンクをクリック、または”さらに読む”のリンクをクリックするとフィードアイテムのリンク先が開かれます。
  • フルテキスト(本文)としてフィード毎に定型文を挿入することができます。
    {link}や、{title}というタグでフィードアイテム毎にそのリンク付きタイトルや、タイトルに自動で置き換えられ、本文に挿入されます。
    これを使えば、”さらに読む”をクリックすると記事が表示され、その本文とともに、フィードアイテムの記事が表示されます。
  • メタキーとメタデスクを自動生成する機能
    メタデスクは、記事保存時に生成、メタキーは、サイトを開いたとき、メタキーが空の記事があったら自動でYahoo 形態素解析サービスを使ってメタキーを生成します。
 

JContentPlus for Joomla!1.5 powered by Joomler!.net

joomler.net is not affiliated with or endorsed by the Joomla! Project or Open Source Matters.
The Joomla!(R) name is used under a limited license from Open Source Matters in the United States and other countries.
joomler.net is not affiliated with or endorsed by Open Source Matters or the Joomla! Project.