Joomler!.net - Decided on Joomla!

Jboard is Multiple Board!

 

Archives

Blog

Demo

Home » Blog » 改造
0 votes
Written by:Joomler! 8651 hits Tuesday, 08 December 2009 07:48

あれ、1.5.6でって、アップデートしてたっけと思われるかもしれませんが、ちゃんとアップデートしています。

JContentPlus Archives

年月で記事を表示するリンクを表示するモジュールです。

特徴は、月の一覧を表示する範囲を指定できることでしょうか。

JContentPlus Cumulus

タグをWP Cumulusを改造したものを使って表示するか、リストで表示するかを選択することができます。

タグ表示にも対応します。(Plugin JContentPlus Tags)

タグは、自動で記事のMeta Keyから登録されていきます。また、アップデート時に既存の記事のMetakeyから自動でタグは登録されます。

 
3 votes
Written by:Joomler! 15396 hits Friday, 25 April 2008 16:40

1.5.0から1.5.xへの基本的な方法をおさらいしておきます。

docs_joomla_org_Upgrading_1_5_from_an_existing_1_5x_version

英語の苦手な私ですが、Joomla!1.5のアップデート方法は、Joomla!.orgに説明があるので毎回確認された方が良いと思います。微妙なニュアンスで書かれているとわからなかったりしますが・・・。Embarrassed

  1. アップデートファイルを用意する
    • バージョンの確認
      ご自身のJoomla!1.5のバージョンを確認します。
      ここでは、1.5.0(RCではないことにご注意ください。)を対象として説明していきます。
    • Patchファイルのダウンロード
      対応するPatchファイル(Patchファイルと言うとわかりづらいですが、ただの上書き用ファイルと思ってください。WindowsのPatchだと実行ファイルになっていたりしますが行っていることは同じことです。)をダウンロードします。
      今回は、Joomla_1.5.0_to_1.5.3-Stable-Patch_Package.zipをダウンロードしてきます。
      (*.tar.gz, *tar.bz2などと拡張子の異なるファイルがありますが、Windowsでは新たにその拡張子に対応した解凍ソフトをインストールしないと解凍できないと思います。)
    • サードパーティー製のエクステンションの対応状況確認
      アップデート内容によっては、影響を受ける場合があるので対応状況を事前に確認できれば確認します。
      (大抵、情報が無いかもしれませんのでアップデートしてみるしか無いかもしれません。)
  2. バックアップする
    アップデートしたいサイトのファイルや、データベースをバックアップします。
    ※テンプレートファイルもアップデートの対象になっているのでデフォルトのテンプレートを改造してお使いの場合は、必ずバックアップした方が良いです。
    • すべてのファイルをダウンロード
      FTPでサーバーに接続し、すべてのファイルをご自分のPCのわかりやすいところにすべてダウンロードします。
      (FTPソフトによっては結構な時間がかかったりします。お薦めは、Filezillaで同時接続数の設定を増やせば速いです。)
    • データベースをバックアップ
      データベースを管理するphpMyAdminが使えるならそれを使い、それが無ければ契約されているレンタルサーバーで確認してください。方法は、以前に書いた記事「Joomla!サイトのローカルコピーを作成」を参考にしてください。
  3. サーバーにアップロード(上書きする)
    • ファイルの確認と削除
      1.でダウンロードしたアップデートファイル(Joomla_1.5.0_to_1.5.3-Stable-Patch_Package.zip)を解凍し、ファイルの中身を確認し、以下のファイルを削除します。

      不要リスト
      • CREDITS.php
      • configuration.php-dist
      • CHANGELOG.php
    • ファイルのアップロード
      すべてのファイルをサーバーにアップロードし上書きしてしまいます。
  4. ディレクトリ パーミッションの確認
    • システム情報
      Joomla!の管理画面にログインし、「ヘルプ」「システム情報」「ディレクトリパーミッション」を開き、ステータス欄がすべてグリーン(Writable)になっていることを確認します。
  5. グローバルコンフィグレーションの再設定
    設定自体は、configuration.phpを上書きしていないのでアップデート前の設定がそのまま残っています。ですが、バージョンアップの内容によっては、設定項目が増えている場合があるのでもう一度内容を確認し、保存します。
  6. サードパーティーのエクステンション(動作確認)
    アップデートの内容によっては、サードパーティーのエクステンションは影響を受ける場合があります。中には致命的な場合も存在し得ますので注意が必要です。動かない場合は、「新しいバージョンへの対応を待つ」「改造する」「アップデートしない」のどれかしか選択はないでしょう。
  7. アップデート前にJoomla!本体を改造していた場合
    (改造したりしていなければ必要ありません。)
    バックアップしたファイルから該当箇所のファイルを比較し、同様に改造しても大丈夫かどうか確認してから改造したファイルと同様に書き換えます。
  8. 完了

全体の作業は、慣れれば簡単です。

面倒なのはバックアップですね。私の場合1.5はデモサイトなのでいつもバックアップ無しでやってたりします。

 
Sep
26
2007

CMS RSS Grabber

EMailPrintPDF
1 votes
Written by:Joomler! 11343 hits Wednesday, 26 September 2007 08:08

CMS RSS GrabberというRSSをコンテンツにしてくれるシステムがあるのをご存じでしょうか。

Visual Shapers

CMS RSS Grabber

cms_rss_grabber.jpg RSSをコンテンツとしてインポートしてくれます。Joomla!だけでなく、WordPress、Visual Content Constructor、ezContentsなどのCMSにも対応しています。また、wget.exeなどでRSSをインポートすることを自動化できるようになっています。以前に日本語化して少し改造したことがあるのですが、そのままだと本当に自分のコンテンツと化してしまうので「なんだかなあ。」とも思ったり。使いようによっては、大変意味のあるシステムだと思います。お試しあれ。

 

JContentPlus for Joomla!1.5 powered by Joomler!.net

デル株式会社
joomler.net is not affiliated with or endorsed by the Joomla! Project or Open Source Matters.
The Joomla!(R) name is used under a limited license from Open Source Matters in the United States and other countries.
joomler.net is not affiliated with or endorsed by Open Source Matters or the Joomla! Project.