Joomler!.net - Decided on Joomla!

Wiki or Wordpress? No it is JContentPlus.

 

Archives

Blog

Demo

Home » Blog » コンポーネント
0 votes
Written by:Joomler! 10923 hits Thursday, 05 February 2009 16:38

Joomla!1.5のコンポーネントをオンラインで作成できるサイトがありました。もちろん高機能なものを作成するものではなく、(そんなのできないだろ)ひな型を作成してくれるものです。

Danny's Joomla! 1.5 MVC Component Code Generator v 0.2 beta

www_joomlafreak_be_joomla_component_code_generator

残念なのは、コピーペーストでしかコードが使えない。(欲張りか・・・)一式ダウンロードできると良いのに。

けど、コンポーネント作成のときいつもゼロから作成する事を思うと一式揃うってのは非常に便利でよい。自分なりに作ってはあるけど、一つ一つ名前を変更してってのが非常に面倒なものです。

コンポーネント作成したことが無い方でもここでひな型を作ってチャレンジしてみるのも良いと思います。所詮簡単なものなので完成させるにはいろいろコードを追加していかなければなりませんが、足がかりにはなりそうです。

 
0 votes
Written by:Joomler! 11680 hits Thursday, 29 January 2009 16:35

Fluid 960 Grid SystemをJoomla!のテンプレート化しようと考えてみた。
ダウンロードするとき、たくさんのコメントが寄せられている中に1.0.2(ページ中程)があることに注意した方が良い。

fluid_960_grid_system

以前に960 Grid Systemのことを書いたが、それ以来一度は試してみようと思ったものの何もしてきませんでした。今回その960 Grid Systemを使ってさらに拡張されたものが公開されていたので早速、少しJoomla!1.5のテンプレート化をはかろうとテンプレートフォルダに放り込んでみました。

もちろん、それだけでは記事も何も表示されません。そのシステムの内容が表示されるだけです。

 
0 votes
Written by:Joomler! 6274 hits Friday, 16 January 2009 16:41

だから気をつけた方が良い。
あえて、煽る事にもなりかねないのでエクステンション名を書きませんが、未対策のものばかりです。

少なくとも自分の使っているエクステンション、特にコンポーネントを中心にたまには、Googleで検索してみることをお薦めします。攻撃者も同じように検索して攻撃するサイトを探しているようです。

運悪くヒットしてしまったら

  • 対応策が書いてあるならとりあえず試す。
  • よく読んで自分で書き換えて対応する。
  • アンインストールする。
  • 誰か詳しい人に頼む。
  • ひたすら祈る。
  • 寝る。
 
1 votes
Written by:Joomler! 6626 hits Thursday, 08 January 2009 16:01

何かとコンポーネントが必要では無いかと考えがちですが、プラグインとテンプレート(テンプレートのオーバーライドで行ってNoHack)で大抵の事ができると思う。

たとえば、コンタクト。
こんな風に作れば簡単にオリジナルのものが作成できるでしょう。
(実際に作成してはいないので想像で書きます。)

  1. プラグインで特定の値(今回の場合コンタクトの送信内容)をキャッチしてそれがある時だけ処理を行う。
  2. com_contactのオーバーライドテンプレートでお好みフォームを作成する。

終わり。

これだけでオリジナルのお問い合わせが作成できます。データを格納したければ、データベーステーブルを新たに作成しなければいけませんが、ワンオフのアプリケーションなら手作業で作成すれば済みます。

 
0 votes
Written by:Joomler! 10749 hits Wednesday, 24 December 2008 16:34

Joomla!にはじめから付いているデフォルトテンプレートを考察!?してみる。

rhuk_milkyway

  • そのまま使えて基本中の基本といった感じでしょうか。でもカスタマイズしはじめるとデフォルトで指定されているスタイルが邪魔になって返って面倒な気もします。

ja_purity

  • 基本を通り越して少し独自のコントロールを持ったテンプレートみたいな。ここまでやっちゃうと初めてでは少しカスタマイズしづらいかもしれません。

beez

基本から少し拡張している部分もあってJoomla!の基本が、一番わかりやすいテンプレートだと思います。例えばindex.phpの冒頭にある下記のコード

$showRightColumn = $this->countModules('user1 or user2 or right or top');
$showRightColumn &= JRequest::getCmd('layout') != 'form';
$showRightColumn &= JRequest::getCmd('task') != 'edit'

こう書く事で右カラムを表示するのかしないのかを判断しています。中程を見ていくと下記のコードで表示・非表示を切り替えていることがわかります。

<?php if ($showRightColumn) : ?>

ここに右カラム

<?php endif; ?>

さらにbeezの非常にわかりやすい点は、htmlフォルダ内でオーバライドされているテンプレート群が多い事です。標準のほとんどのエクステンションがオーバーライドされていることがわかります。なのでオリジナルのテンプレートを作成するときは、beezを基本にされるとわかりやすく、カスタマイズしやすいかもしれません。

また、よくあるフリーのJoomla!とは全く関係のないCSSテンプレートなどでもbeezを参考にJoomla!の出力タグを割り当て、慣れてきたらja_purityを見ながら拡張していくのも一つの方法です。

Joomla!の場合メニュー毎にテンプレートを割り当てる機能があるのでそれでコントロールするのも一つですが、ファイルが複数になって管理しづらくなってしまう弊害もあります。そこで、デザインがあまり変わらないのならJoomla!のデフォルトテンプレートを参考に一定のタイミングで表示・非表示の切替を行ったり、クラス名を変更したりなどと可変なテンプレートを作成する方が簡単で管理もしやすい方法と言えます。

このサイトは、Joomla!1.0でテンプレートのオーバーライド機能はありませんが、独自のコンポーネントを使用する事でオリジナルの出力を行っています。テンプレートは一つのみで、上と同様に一定のタイミング(メニューIDや、コンポーネント、タスクなど)で表示・非表示などを切り替えています。

蜂の顔も見慣れるとかわいく思えます。beezの中身をあらためて見てみると意外な発見があるかもしれません。

 
6 / 11

JContentPlus for Joomla!1.5 powered by Joomler!.net

デル株式会社
joomler.net is not affiliated with or endorsed by the Joomla! Project or Open Source Matters.
The Joomla!(R) name is used under a limited license from Open Source Matters in the United States and other countries.
joomler.net is not affiliated with or endorsed by Open Source Matters or the Joomla! Project.