Jan
22
2010

Flex YouTube Bar Demo in Top

Print
0 votes
Blog - Modules, Blog - Joomla! CMS
Written by:Joomler! 7769 hits

Flexで作成したFlex YouTube Bar をトップページで表示しました。(というか、今なら(top)この上に表示されています。)

flex_youtube_bar

Flexで作成したのは、はじめてでまだまだ見直さないといけないところは、たくさんあります。Flexって言ってもFlashであってなんら変わらないと言えばそうなのですが、Flexでというとテキストベースというかプログラミングベースというのか、私にとってはとにかく理解しやすいものです。(不明なところもたくさんありますが)

戸惑ったのは、Flexの持つコンポーネントのプロパティが多すぎて把握するのが難しいことですね。ヘルプとGoogleをいったりきたりでした。Flashの良いところはブラウザに依存しないところと思っていましたが、DOMがらみでブラウザによって少し挙動が違ったりするところもあって当初想定していた構造を変更したりで慣れるまで時間がかかりました。

flex_youtube_bar_popup

Joomla!のモジュールとしては、まだ未完成なので手を入れていかねばなりません。ちなみにこのFlex YouTube Barはポップアップのアニメーションなどは、一切Javascriptに依存していません。もちろんDOMの操作はJavascriptで行っていますが。ポップアップ後の背景もFlashなのでロードすれば背景でアニメーション再生しながら、YouTubeを再生ってこともできるのではないかと思います。はじめは、Javascriptのアニメーションも使ってなどと考えていましたが、そんなことするとFlashのアニメーションとの同期が難しいのじゃないかなと思ってやめました。全部Flashで管理した方が楽ですね。

今回、いつも一番最後にやっているIEでの動作確認は、overflowがらみだけだったので楽でした。と言ってもIE6環境は確認していません。Firefoxでは、Elementのpositionをstaticからabsoluteに変更するとFlashがリロードしてしまうのですね。これの解消方法がわからなかったのでFirefoxだけは、はじめからabsoluteになっています。解決する方法あるのかな。

何しろFlexは、まだ慣れていないのでわからないことばかり。

この程度のものは、Javascriptで十分こなせることでしょうが、FlexではAirアプリケーション(デスクトップアプリケーション)としてコードの再利用ができることと、Flashの動作自体にブラウザ依存が無いこと(多少あるようだけど)ではないかと考えてみたり。また、Effectをコンポーネント単位で複数組み合わせたりすることが非常に楽です。ほぼ、ブロックを組み立てるようなイメージでできることは、作成者側にとって非常に楽な開発が可能ではないかと感じました。

さて、このFlex YouTube Barですが、まだ縦表示に対応していないし、今一な部分もあるし、微妙に変な部分もあるし、パラメータも足りないので正式公開はまだ先ですが、おかしいところや、それバグだろってところに運悪く気づいた方は是非ご報告ください。

Tagsアニメーション,ポップアップ,再生,Flash,Firefox,アプリケーション,IE,作成,YouTube,Javascript,変更,DOM,ブラウザ,Absolute,依存,表示,コンポーネント,Flex,動作,方法,Bar
 

JContentPlus for Joomla!1.5 powered by Joomler!.net