Joomler!.net - Decided on Joomla!

Wiki or Wordpress? No it is JContentPlus.

Home » Extensions » FeedEater
5 votes
Written by:Joomler! 14892 hits Saturday, 26 December 2009 10:09

JContentPlus 1.5.8

  • Trackbackの不具合対応
  • Latestモジュール、Relatedモジュール、mostreadモジュールに選択されたユーザがある場合、そのユーザの記事を表示するオプションを追加しました。

MultiBox 1.0.1

  • YouTubeリンクのみが記事中にある場合の不具合修正

FeedEater 1.0.1

  • マルチバイト文字が含まれたリンクを持つ記事対応
 
0 votes
Written by:Joomler! 9697 hits Saturday, 19 December 2009 07:22

昨日公開したJoomla!1.5 FeedEaterコンポーネントについてわかりにくいと聞いたので補足します。(確かに、下手な英語で書いてあるので余計わかりづらい)

feedeater 何ができるのか

  • RSSリーダーで読んでいる記事をそのままサイトの記事として取り込む事ができます。
  • フィード毎にセクション・カテゴリの割り当てができます。
  • フィード毎にフィードアイテムの公開日に何日足して公開、または、その公開日から何日間だけ公開といった事ができます。
  • RSSフィードの取り込みは、全自動で行われます。(サイトの訪問者によって自動で取り込みが行われます。訪問者が居なければ取り込まれません。)
    Cron用のリンクもありますので、手動取り込みも可能です。
    また、更新間隔も指定できるのでサイトの更新が頻繁に行われる場合などにも対応可能です。
  • RSSフィード毎にフィードから取り込む記事数を指定できます。
  • 作者を作者の別名に割り当てることで、RSSフィードアイテムの作者を表示できます。
    ※フィードに作者情報が無い場合は、できません。
  • ”さらに読む” のリンクを置き換える機能
    これを使うとタイトルのリンクをクリック、または”さらに読む”のリンクをクリックするとフィードアイテムのリンク先が開かれます。
  • フルテキスト(本文)としてフィード毎に定型文を挿入することができます。
    {link}や、{title}というタグでフィードアイテム毎にそのリンク付きタイトルや、タイトルに自動で置き換えられ、本文に挿入されます。
    これを使えば、”さらに読む”をクリックすると記事が表示され、その本文とともに、フィードアイテムの記事が表示されます。
  • メタキーとメタデスクを自動生成する機能
    メタデスクは、記事保存時に生成、メタキーは、サイトを開いたとき、メタキーが空の記事があったら自動でYahoo 形態素解析サービスを使ってメタキーを生成します。
 
0 votes
Written by:Joomler! 11408 hits Friday, 18 December 2009 08:57

FeedEater (RSS Feeds to Contents) Released!

FeedEater FeedEater converts RSS Feeds into the content of Joomla as shown in the name.

Features

  • Import RSS feeds to Contents
  • Supported auto convert function.
    It is possible to execute it by even clicking each cron link.
  • Supported Alias of author to the feed item author
  • Supported Period of Publishing
  • Supported Limit number of conversion
  • You can select the category of the article of each feed.

More Detail

 

JContentPlus for Joomla!1.5 powered by Joomler!.net

デル株式会社
joomler.net is not affiliated with or endorsed by the Joomla! Project or Open Source Matters.
The Joomla!(R) name is used under a limited license from Open Source Matters in the United States and other countries.
joomler.net is not affiliated with or endorsed by Open Source Matters or the Joomla! Project.