Joomler!.net - Decided on Joomla!

Wiki or Wordpress? No it is JContentPlus.

 

Archives

Blog

Demo

Home » Blog » デフォルト
3 votes
Written by:Joomler! 12243 hits Thursday, 20 November 2008 21:18

うちにも問い合わせが来たので・・・。

Joomla!1.5.8では、記事保存時にコンテンツコンポーネントの設定でなにも設定していなければ、初期設定で指定されている削除タグはすべて削除されてしまいます。おそらく、何も設定せずに使用されている方のためにデフォルトで危なそうなタグを削除するという設定に変更したのだと思います。

では、それを回避するにはどうすれば良いかというと、簡単です。バックエンドの記事管理一覧のプリファレンスから、フィルタオプション以下を設定すればOKです。

com_contentpre

設定例(推奨設定です)

フィルタグループ

  • register
    • author
      • editor
        • publisher

を選択します。フロントエンドから投稿するひとすべてですね。

フィルタタイプ

  • htmlなし

フィルタタグ

  • 空白

フィルタ属性

  • 空白

但し、この設定ではフロントエンドからの記事投稿者にはHTMLを一切許可しない設定です。許可したい場合は、フィルタタグや、属性の設定が必要です。

さて、本題ですがこの設定をすることにより、フィルタグループで指定されていないユーザーレベル(この場合ならmanager, administrator, super administrator)はフィルタを通過しないのでGoolgleMapのIFrameも登録可能になります。

 
0 votes
Written by:Joomler! 7277 hits Thursday, 09 October 2008 16:40

ドロップダウンメニューを作成していてmootools1.2を使う必要があったのですが、Joomla!1.5.7ではまだmootools1.2に対応していない。フロントエンドではデフォルトでロードされてしまうのでこれは、ハックするか、以前に書いたようにJavascriptの出力を取得して置き換えてしまうしか無い。

と、検索していたら本家フォーラムでたくさん議論されていた。

http://forum.joomla.org/viewtopic.php?f=502&t=273960&start=0&st=0&sk=t&sd=a&sid=4236949043a2bc1ff0a82152d8b95b70

ハックするならここを見てやってみると良い。Javascriptコードや、ハックコードが書かれているので丸写しすればいい。

 
1 votes
Written by:Joomler! 8988 hits Thursday, 04 September 2008 22:50

joomla15_custom_parameters Joomla!でエクステンションを作成するとき、必ず必要なのが、エクステンション名.xmlです。

この中でエクステンションの設定値などをタイプやデフォルト値で指定する「params」というものがあります。

さて、今回質問があったのであらためて見てみました。

<param name="名前" type="タイプ" default="初期値" label="ラベル(表示名)" description="説明" />

上記のようにパラメータを指定しますが、どのように使うのか。

  • 名前(name)について
    これは、$params->get('ここ');で取得する名前を指定します。
  • タイプ属性 ( type )について
    これにはいくつかデフォルトで指定できるものが用意されています。
    • calendar
      これは、カレンダーを表示させ、日付を指定させることができます。この時の日付フォーマットは、属性で format="%Y-%m-%d" などとparam内に書けばフォーマットを指定でいます。
      例:
      <param name="mydate" type="calendar" label="Select Date" format="%Y-%m-%d" default="" description="" />
    • category
      これは、カテゴリーのリストを表示してくれます。また、scope属性でsectionの範囲を指定することもできます。
      例:
      <param name="catid" type="category" label="Select Cat" scope="content" default="" description="" />
    • editors
      これは、エディタを選択するリストを表示します。
      例:
      <param name="editor" type="editors" label="Select Editor" default="" description="" />
    • filelist
      これはファイルリストを表示します。4つの属性値を指定できます。
      • directory
      • fitler
      • exclude
      • stripext
    • folderlist
      これはフォルダのリストを表示します。3つの属性値を指定できます。
      • directory
      • filter
      • exclude
    • helpsites
      これは、ヘルプサイトのリストを表示します。デフォルトでは、http://help.joomla.orgのみとなっています。
    • hidden
      これは、hiddenフォームを作成してくれます。ユーザーの入力はできません。
      ちなみにJBackupで使っています。
    • imagelist
      イメージリストを表示します。指定できる属性は、filterのみで以下のように指定します。
      filter='\.jpg$|\.gif$'
      と指定すれば、jpgとgifのみのリストとなります。
    • languages
      言語のリストを表示します。属性はclientです。指定できる値は、JPATH_以下の文字です。
    • list
      これは、一般的によく使われているので説明しません。
    • menu
      メニューのリストを表示してくれます。
    • menuitem
      メニューアイテムを表示してくれます。
    • password
      type属性がpasswordのフォームを表示してくます。
    • radio
      これは、一般的によく使われているので説明しません。
    • section
      セクションのリストを表示してくれます。属性はありません。また、マルチセレクトにはなりません。
      例:
      <param name="sectionid" type="section" label="Select Section" default="" description="" />
    • spacer
      これは、一般的によく使われているので説明しません。
      Tips:default属性に値を入れるとそれがボーダーの代わりに表示されます。
    • sql
      これは、自由にカスタマイズできるリストを作成してくれます。query属性にSQLクエリを入力すれば、その結果をリスト化してくれます。
    • text
      これは、一般的によく使われているので説明しません。
    • textarea
      これは、一般的によく使われているので説明しません。
    • timezones
      タイムゾーンのリストを表示してくれます。
    • usergroup
      ユーザーグループのリストを表示してくれます。
    • もっとカスタマイズしたフォームを作成したい場合
      Joomla!1.5では<paramsタグ内に次のように属性を追加することでオリジナルのelementファイルを呼び出させてオリジナルのフォームを表示させることができます。
      <params addpath="/components/com_jcontentplus/elements">
      このように指定することで指定されたパス内のtype属性で指定した名前のファイルをロードしてくれます。そして以下のようなクラス名を呼び出してくれます。
      例:type="myform"なら
      class JElementMyform extends JElement{ここに対応するメソッドを書く}
      このようにすることによってほとんど制限なくカスタマイズされたフォームを自由に作成することが可能です。
      ※JContentPlusでは多用していますので参照してみて下さい。
  • default値について
    これは、そのフォームの初期値です。はじめて表示した場合や、何も入力していない場合などにこの値が選択または、入力された状態で表示されます。
  • description値について
    マウスをフォームのタイトル部分にあてた時、表示されるTipに出力される説明です。

以上簡単に書いてみました。このように属性に指定することによって自動でフォームを作成してくれる機能がJoomla!1.0.xにももちろんありましたが、Joomla!1.5ではさらに拡張されているようです。私もすべてを使ってみたわけではありませんのであらためて便利さを感じました。

これだけ用意されているのでかなりコーディングも楽になりますね。

 
0 votes
Written by:Joomler! 7808 hits Tuesday, 19 August 2008 17:20

休みを終えて・・・ふとPCの前に座ってあることに気がつきました。「RSSリーダー見てないよな・・・。」

やはりたくさんの記事がある。中には300件を超しているものまで・・・。もうそういうのは目を瞑って「すべて既読にする」ボタン。いつもよりは時間がかかりましたが、一応さらっと見ました。

Joomla.orgのデザインが一新されていますね。Joomla!1.5になったようです。英語のサイトの場合よけいに綺麗に見えちゃいますね。日本語であの文字の大きさは非常にみづらくなりますよね。うらやましいですね。

さて、このサイトも早くJoomla!1.5化と思いながらもなかなかどうして。けど、もうすぐマルチカテゴリー化できるJoomla!1.5専用エクステンションを公開できそうです。はじめはもしかするとベータになるかもしれませんが。

一応の機能予定

  • マルチカテゴリーに対応
  • カテゴリーの親子化が可能
  • 既存コンテンツがそのまま利用できる。
    なのでそのままプラグインも使える。これって重要なことだと思うのでこれを一番重要視しました。これにより、たとえアンインストールしても記事は残ります。カテゴリーもそのまま使えます。(もちろんマルチは消えます。)
  • カレンダーモジュール
    なかなか良いカレンダーを見つけた。
  • カテゴリーメニューモジュール
  • ディレクトリの様な表示
    スタイル考えるの面倒なのでデフォルトにしないかもしれない。

これを正式にしたらもちろんMovableType XML-RPCプラグインもマルチカテゴリーに対応させます。なのでかなりブログ用途に近づくと思います。コメント機能や、トラックバック機能は備えていませんが、既存のコンテンツはそのままだし、記事の表示にはJoomla!の機能をそのまま使うのですでにあるコメントエクステンションで間に合うし、トラックバックエクステンションは見たことが無いですがそれほど重要視していないのでそのうち実装しようかと思っています。

ですが、うちのサイトをJoomla!1.5化するにはまだエクステンションが足りません。なるだけ自作物にしたいのでまだまだ奮闘中です。

 
2 votes
Written by:Joomler! 7939 hits Thursday, 24 July 2008 16:34

などと本家フォーラムにて議論されていましたが、Joomla!1.5はデモとして使っているだけなのでさっぱり何のことだかわかりませんでした。1.5.4にアップデート後でしたが、さっぱりわかりません。と、昨日画像つきで解説されていたのを見て初めてこれのことかと・・・。

実例

duplicate_title

などとページにタイトルが・・・。でも、これって普通じゃないの?というかメニューのパラメータ設定に表示・非表示がありますよね。同じものがページのタイトルになってブラウザのタイトルバーに表示されています。・・・別におかしくないような・・・。前からそうじゃなかったっけ?などと思ったり。使っていないのでそうなのかもしれません。もしかしたらデフォルトでなかったものがデフォルトになっただけとか。・・・どうなのでしょう。(確かめていません。)

普通にメニューのパラメータ設定の一番下の欄(システム・パラメータ)のページタイトルの表示を非表示すればでません。

・・・はじめてじゃないだろうか・・・こんなに投稿しない日が連続したのは。Island with a palm tree

別にさぼってたわけじゃないですが・・・。Dont tell anyone

 
5 / 7

JContentPlus for Joomla!1.5 powered by Joomler!.net

joomler.net is not affiliated with or endorsed by the Joomla! Project or Open Source Matters.
The Joomla!(R) name is used under a limited license from Open Source Matters in the United States and other countries.
joomler.net is not affiliated with or endorsed by Open Source Matters or the Joomla! Project.