Joomler!.net - Decided on Joomla!

Wiki or Wordpress? No it is JContentPlus.

 

Archives

Blog

Demo

Home » Blog » テーブル
0 votes
Written by:Joomler! 7539 hits Saturday, 14 April 2012 07:22

これ次で対応するのかな。2.5.3だったサイトを2.5.4にしたら、完全にアップデートできた。ところがだ、アップデートに失敗するサイトもある。失敗の原因は調べていないが、データベースの変更があるので、ファイルの上書きでは駄目だからとデータベーステーブルをJoomla2.5.4のものと比較してみた。

次の3点がJoomla2.5.4のサイトと異なる。これはアップデートに失敗したためだ。

  • com_joomlaupdateが登録されていない。
  • languagesテーブルの構造が異なる。
  • updatesテーブルが空でない。

エラーで止まったものだから、さてどうしたものかと思われたら以下のクエリをphpMyAdminなどで実行すると”良いかもしれない”。(環境による)

 
0 votes
Written by:Joomler! 5719 hits Tuesday, 15 November 2011 07:35

Joomla!の1.7、1.5の両方のセキュリティリリースです。

joomla1.7.3_joomla1.5.25

さっさとアップデートしちゃいましょう。

今回は、1.5のアップデートは、実質ワンファイルです。バージョンとログのファイルで3ファイルになっていますが、恐れることないです。(なにそれ!?Surprised)

 
0 votes
Written by:Joomler! 5862 hits Tuesday, 09 November 2010 06:56

昨晩から、またサイトがdeactivateされていました。先月だったかにも、一度されてまして、Bluehostのメッセージが表示されるだけになっていました。共用サーバーなのでサイトが異常な高負荷な状態になってしまうと、他のサイトに迷惑がかかるからですね。それにしても最近サイトのレスポンスが悪くなった気がします。

頻発(ってほどじゃないけど、続くとそう思う)すると、面倒になってきて他のHostに移転しようかと考えたりします。

 
0 votes
Written by:Joomler! 5744 hits Tuesday, 17 November 2009 08:19

朝起きたらこのサイトがSQLのエラーを吐いて見られないじゃないですか・・・。#__session テーブルが壊れたようです。

もし、あなたのJoomla! サイトで、こういう事があっても慌てる必要はありません。

対応

  1. phpMyAdminを開
  2. #__session(jos_session)テーブルを開く
  3. 操作(Operations)を開く
  4. 修復(Repair table)します。または、空にする。

これで復旧します。

 
0 votes
Written by:Joomler! 8546 hits Wednesday, 09 September 2009 07:35

wlw_plugins本文を入力しようとすると真っ白になってしばらく入力ができません。「Live writer 起動 遅い」で検索しても答えは、みつからず。

Joomla!のTinyMCEや、CKEditorで編集しようとするが、思うようにいかない。もちろん、慣れていない事が原因のひとつでもあるが、「余計なタグ入れないでおくれよ。」とか、「どこにテーブルのセルがあるんだよ。」とか、「ソースで変更したのに反映されてないやん。」とか思った事はないだろうか・・・。そのうちブラウザが固まったりFirefoxがクラッシュなんて落ち。

あ、CKEditor作りました。

 
<<<12>>>
1 / 2

JContentPlus for Joomla!1.5 powered by Joomler!.net

joomler.net is not affiliated with or endorsed by the Joomla! Project or Open Source Matters.
The Joomla!(R) name is used under a limited license from Open Source Matters in the United States and other countries.
joomler.net is not affiliated with or endorsed by Open Source Matters or the Joomla! Project.