Joomler!.net - Decided on Joomla!

Jboard is Multiple Board!

Home » Blog » 2008
0 votes
Written by:Joomler! 6723 hits Monday, 29 December 2008 16:34

Joomla! Extensions Directoryが模様替えされて新しくなっています。

extensions_joomla_org

そして、Joomla!1.0.xを使っている人にはとうとう決断を迫られる日がやってきそうです。Joomla! Extensions DirectoryからJoomla!1.0.x用のエクステンションが来年、春頃から登録できなくなって、夏頃にはすべての1.0.x用エクステンションが非公開となるようです。

レガシーなエクステンションが消えて無くなる日。

無くなるわけではありませんが、探す方法が・・・。
良いエクステンションが、たくさんあるので別の形ででも残して欲しいですね。

 
0 votes
Written by:Joomler! 6671 hits Saturday, 27 December 2008 16:38

Joomla!でサイトを構築し、公開したらまずは、Googleウェブマスターツールでそのサイトを登録します。Googleにインデックスされることで訪問者は確実に増えますよね。

その、Googleウェブマスター向けに日本語公式ブログが開設されたのでみなさん登録しましょう。

googlewebmastercentral-ja_blogspot_com

Googleウェブマスターツールは、たまに見ていないとエラーが発生していたり、機能が追加されていたりと、登録だけ行えば良いというものではないので気をつけないといけません。Joomla!のエクステンションには自動でサイトマップを作成してくれたりという便利なエクステンションがあって、登録してしまえば、自動生成されるのでつい忘れがちになります。そう言う私も忘れがちな人の仲間です。

と、今久しぶりに見てみようとすると「自動転送がループしています」と表示されて見られない。

ま、いいか。また、今度見よう。ぉぃ

 
3 votes
Written by:Joomler! 8100 hits Thursday, 25 December 2008 17:35

フォーラムコンポーネントで問い合わせがあったので書きます。

Joomla!1.5Nativeと書かれたコンポーネントがたくさん出てきている。参考になるコンポーネントはたくさんあるが、よく見て下さい。インストールしてそのコンポーネントのリンクを作ります。そしてそのコンポーネントを開くとそのコンポーネント関連のリンクが、

http://yoursite.com/component/com_コンポーネント名/なんとか

なんてなってないですか?これでも、Nativeなの?私としてはNativeな環境で動くだけじゃなくてその機能もNativeでないとNativeって言えないのじゃないの?。

これは、どういう事かというとJoomla!1.5本体が持っているSEFURLの機能を実装していないということです。そう、上記のように表示されるなら、Joomla!1.0.xと同様か、以下の機能しかないってこと。

そういうエクステンションには穴があるかもしれないと疑ってかかった方が良いくらいだと思う。昨日も、そのあるフォーラムコンポーネントで穴を発見した。最近は、脆弱性をつく攻撃が多いから注意しないと。

 
0 votes
Written by:Joomler! 9724 hits Wednesday, 24 December 2008 16:34

Joomla!にはじめから付いているデフォルトテンプレートを考察!?してみる。

rhuk_milkyway

  • そのまま使えて基本中の基本といった感じでしょうか。でもカスタマイズしはじめるとデフォルトで指定されているスタイルが邪魔になって返って面倒な気もします。

ja_purity

  • 基本を通り越して少し独自のコントロールを持ったテンプレートみたいな。ここまでやっちゃうと初めてでは少しカスタマイズしづらいかもしれません。

beez

基本から少し拡張している部分もあってJoomla!の基本が、一番わかりやすいテンプレートだと思います。例えばindex.phpの冒頭にある下記のコード

$showRightColumn = $this->countModules('user1 or user2 or right or top');
$showRightColumn &= JRequest::getCmd('layout') != 'form';
$showRightColumn &= JRequest::getCmd('task') != 'edit'

こう書く事で右カラムを表示するのかしないのかを判断しています。中程を見ていくと下記のコードで表示・非表示を切り替えていることがわかります。

<?php if ($showRightColumn) : ?>

ここに右カラム

<?php endif; ?>

さらにbeezの非常にわかりやすい点は、htmlフォルダ内でオーバライドされているテンプレート群が多い事です。標準のほとんどのエクステンションがオーバーライドされていることがわかります。なのでオリジナルのテンプレートを作成するときは、beezを基本にされるとわかりやすく、カスタマイズしやすいかもしれません。

また、よくあるフリーのJoomla!とは全く関係のないCSSテンプレートなどでもbeezを参考にJoomla!の出力タグを割り当て、慣れてきたらja_purityを見ながら拡張していくのも一つの方法です。

Joomla!の場合メニュー毎にテンプレートを割り当てる機能があるのでそれでコントロールするのも一つですが、ファイルが複数になって管理しづらくなってしまう弊害もあります。そこで、デザインがあまり変わらないのならJoomla!のデフォルトテンプレートを参考に一定のタイミングで表示・非表示の切替を行ったり、クラス名を変更したりなどと可変なテンプレートを作成する方が簡単で管理もしやすい方法と言えます。

このサイトは、Joomla!1.0でテンプレートのオーバーライド機能はありませんが、独自のコンポーネントを使用する事でオリジナルの出力を行っています。テンプレートは一つのみで、上と同様に一定のタイミング(メニューIDや、コンポーネント、タスクなど)で表示・非表示などを切り替えています。

蜂の顔も見慣れるとかわいく思えます。beezの中身をあらためて見てみると意外な発見があるかもしれません。

 
1 votes
Written by:Joomler! 6910 hits Friday, 19 December 2008 17:09

定かでは無いが、脆弱性があるらしい。ただ、joomla.orgを見ても、検索してみてもそのような情報は見あたらない気がする。公表されていないだけなのかもしれないが、注意した方が良さそうだ。敢えてどこなのか、書かない。

久しぶりにJoomlaの最新SVNを更新してみた。かなりファイルが追加され、エクステンションというか本体の機能が追加されているようなのでいつも見る事ができるようにSVN版としてJoomla!をインストールしてみた。

なんと、バージョンはすでに1.6.0になっているではないか。

気づいた新しい機能

  • Access Control
    アクセスレベルや、ルールを詳細に設定できるようになるようだ。
  • Contact Directory
    インポート機能などもある。
  • Extenstion Update, Discover, Warnings
    エクステンションのアップデート機能か。
  • Localisation
    Translation Managerを実装しているようです。

フロントエンドからの見た目は変わっていないし、mootoolsも1.1のままでした。また、データベーステーブルも新機能に伴いかなり増えています。まだ、エラーなどがでたりで実用段階のレベルではないようですが、今後が楽しみです。

フロントエンド・バックエンド両方から見てもわからないが、ファイル構成の差異をみると他にも大きな変更がありそうです。エクステンション側でも何か対応していかないといけない部分が出てくるでしょうね。

 
1 / 37

JContentPlus for Joomla!1.5 powered by Joomler!.net

joomler.net is not affiliated with or endorsed by the Joomla! Project or Open Source Matters.
The Joomla!(R) name is used under a limited license from Open Source Matters in the United States and other countries.
joomler.net is not affiliated with or endorsed by Open Source Matters or the Joomla! Project.