Jan
29
2010

1分で作るJOOMLA!コンテンツプラグイン その2 Eventを見る

Print
0 votes
Blog - Plugins, Blog - Joomla! CMS
Written by:Joomler! 11290 hits

Joomlaのプラグインは、Joomlaが動いていくなかで様々なイベントで呼ばれます。今回はそのイベントを少し書いてみます。中には、プラグインとして実装されていないものもあるので、ソースを見ない限りわからないものもあったりします。


Contentプラグイン

昨日作成したexampleプラグインを見ればわかりやすいです。content_plugin_events


Contactプラグイン

これは、Joomlaにはプラグインとして実装されていませんが、イベントは用意されています。

 


Authenticationプラグイン

ログイン認証時に使います。


Editorプラグイン

エディタの表示時や内容の保存時他に呼ばれます。あまり使わないかとも思う(新たにプラグインとして作成しない)ので、単純にリスト。拙作EditorSwitcherでも使っています。


Editor-xtdプラグイン

エディタを表示したときイメージボタンや、改ページボタンなどが表示されますが、そういったエディタ関連の機能に何かを追加したいときなどに使います。


Systemプラグイン

システムの動きに合わせてイベントが用意されています。


Userプラグイン

アカウントを保存、新規作成、削除、ログイン、ログアウト時に呼ばれます。このUserプラグインもexampleが用意されているので前回作成したContent - exampleプラグイン同様少しの変更で試すことができます。


Xmlrpcプラグイン

拙作MovableType XML-RPCや、JContentPlus XML-RPCで使っています。XML-RPCを使ったウェブサービスなどに使えます。

以上、簡単な説明で一覧にしてみましたが、Joomlaでは様々なイベントが用意されていて、大きなコンポーネント級のエクステンションを作成せずとも、うまくイベントを組み合わせていけば、簡単なプラグインでかなりの事が行えると思います。また、Joomlaは、独自のイベント実装も簡単でエクステンション自身を拡張せずともその独自のエクステンションでプラグインを呼ぶ事で、拡張していくことが可能です。たとえば、JContentPlusやJboardでは独自のイベントによる拡張でAvatarを表示したりサムネイルを表示したりしています。

大変便利なJoomlaフレームワークをもっと活用すれば、ロスなく有用なアプリケーションが短期間で作成できるのではないかと思います。

Tags表示,処理,内容,イベント,簡単,プラグイン,エクステンション,Joomla,example,エディタ,拡張,Content,用意,返り値,XML-RPC,出力,作成,ログイン,記事,保存,実装
 

JContentPlus for Joomla!1.5 powered by Joomler!.net