Joomler!.net - Decided on Joomla!

Jboard is Multiple Board!

 

Archives

Blog

Demo

Home » Blog » Yahoo
0 votes
Written by:Joomler! 5964 hits Friday, 25 July 2008 17:06

本サイトでは、サイト下部に二つのフィードリンクを置いています。ひとつは普通に日本語フィード、もうひとつは、Yahoo Pipesを通した英語に翻訳(のつもり)したフィードです。

今日朝からRSSを見ていたら思わず笑っちゃいました。

yahoo_pipes_translate

何これ・・・。ダ、ダブリング・・・

確認用に私のGoogleリーダーには自分のフィードも登録しています。Yahoo Pipesを通して翻訳しているつもりのフィードがなぜか10記事に一度くらいでしょうかまともに全文翻訳してくれているのは。どういう条件でこうなるのか深く追っていないので(追ってもわからない気がするけど。)わかりませんが、全く意味が無い。タイトルが英語ばかりだと翻訳されないのかなどと考えたこともありますがどうもそれでも無さそうだし、最近自分のYhaoo Pipesを確認していないので暇をみて調整できるものならやろうと思っています。

それともうひとつ・・・ちゃんとした日本語を使おう。

他にもっと便利なサービスかAPIをやりくりして同じ事ができないものか考えてみる必要もありそうだ。

 
Aug
27
2007

Pipesのリンク

EMailPrintPDF
0 votes
Written by:Joomler! 8425 hits Monday, 27 August 2007 13:20

Yahoo! Pipesが増えましたので再掲

※重ねて申し上げますが、翻訳精度は見ての通り。また、Yahooアカウント(USA)さえあれば他人のPipesをコピーして使用できますから、ご自身で独自のサービス追加したり、そのままコピーを使用してご自身のPipesとして使えます。

 
0 votes
Written by:Joomler! 12363 hits Thursday, 16 August 2007 20:49

Yahoo! Pipesで実際に英語RSSを日本語に翻訳するWebサービスを作成してみます。

  • 左のUser inputsからURL Inputをドラッグpipesetojtranlink.jpg
    Name:クエリになるので簡潔に。
    Prompt:Pipesのページを開いたときにここの文言が表示される。
    (ユーザーへの入力を促すタイトル)
    Position:たぶんクエリの順番かも?
    (入力しなくても大丈夫)
    Default:既に入力済の値を設定するかどうか
    (URLならいらないから空白)
    Debug:デバッグ出力のための実際に使えるRSSリンクを入力。
  • また左からSourcesのFetch Feedをドラッグ
    はじめのURL Inputの下の○からパイプをドラッグしてInput Box右の小さな○につなぐ
  • DeprecatedのBabelFishをドラッグ
    翻訳したい言語に設定(今回はEnglish To Japanese)し、2.のFetch Feed下部の○とBabel Fish上部の○をパイプでつなぐ
  • OperatorsからRenameをドラッグ
    ここでデータをマッピングします。
    item:y:title:これはたぶん翻訳していない元のタイトル。(事実そうなってる)
    item:link:ここにはリンクが入っていますがCopy Asを選択し、適当な名前でコピーします。
    これはただのフラグとして使用するだけなのでマッピングできるものならどれでもいいと思いますが・・・。
    このフラグを使ってGoogleのWEB翻訳リンクとするか、しないかを分岐します。
    そしてパイプで接続。
  • OperatorsからRegexをドラッグ
    これは正規表現で置き換えをしてくれるモジュールです。
    左のものを真ん中の条件で右と置き換えるってな具合に。
    今回は4つのルールを作成しています。
    • item.translatelink -> ^(.*)$ ->
    • item.translatelink -> ^1$ -> グーグルのWEB翻訳してくれるURL
    • item.translatelink -> ^0$ -> なにもなし
    • item.link ->^(.*)$ -> ${translatelink}$1
      それからパイプを接続。今回は最後の出力(Pipe Output)にも接続しましょう。
  • pipesetojtranslink1.jpg次はUser Inputから Text Inputをドラッグして5のRegexの隣くらいに置く
    Name:tlink(これもクエリになるので簡潔な名前に)
    Promt:URL Inputに同じなのでわかりやすく。
    Position:URL Inputに同じ。
    Default:1 これはリンクをGoogle WEB翻訳へのリンクにするかどうかのフラグです。今回は英語から日本語なので最初から1を入力済としています。
    Debug:1 Windowの下部にデバッグ出力を見ることができます。そのための値です。実際のこの値を参照してデバッグ出力されます。
    そしてパイプを接続するのですが、今回は先に作成したRegexの1番目の真ん中では無く右のInput Box右の小さな○に接続します。
    ここでRegexからText Inputのデータの流れを解説
    Regexに来た時点ですでにRSSはすべてタイトルを除いて翻訳済です。Regexでは次の作業を行っています。
    • translatelinkを初期化します。(ユーザー入力値に置き換える。)
    • ユーザー入力値に置き換えられたtranslatelinkの値を参照して"1"ならtranslatelinkをGoogleのWEB翻訳リンクに置き換えます。
    • 再度ユーザー入力値(translatelink)を参照して"0"ならtranslatelinkを空にします。
    • item.linkの前にtranslatelinkの値を足します。(空なら空を、Google WEB翻訳リンクならそのリンクを足します。)

以上で作業は完了です。

上のメニューからSaveをクリックし、Back to My Pipesから元の画面に戻ります。すると先ほど作成されたPipesが表示されていますのでクリックしするとURL入力欄とtlink入力欄に1が入力済で表示されているはずです。試しに何かの英語RSSリンクを入力して実行してみてください。

最後に・・・My Pipesの画面から作成したPipesの上にマウスカーソルをのせるとPublish他のメニューが出ますのでPublishをクリックして公開します。これで誰でも利用可能なWEBサービスが完成しました。

 
Aug
12
2007

Yahoo! Pipes

EMailPrintPDF
0 votes
Written by:Joomler! 8830 hits Sunday, 12 August 2007 02:46

Yahoo! Pipesなるものをつい先日知りました。今年の初めくらいから提供されているようですねぇ・・・今まで知りませんでしたよ。yahoopipes.jpgRSS Readerモジュールを作成していて、海外サイトのRSSをそのまま表示するともちろんそのサイトの言語ですよね。それならどこにでもあるのでおもしろくない。それで日本語にオンラインで翻訳できないかと検索していたら行き当たりました。Yahoo!Pipesでは、自分でWebサービスを作成することができます。しかもブラウザ上で・・・・。動きは鈍いですが、へたなプログラミングソフトよりずっとグラフィカルで使いやすいのではないかと思います。
Yahoo! USAでの提供なので日本語じゃありませんが、解説されているサイトがありましたのでさして時間もかからずWebサービスを作成できました。
参考にさせていただいたサイトは下記↓
http://chikura.fprog.com/index.php?UID=1175617938
http://www.atmarkit.co.jp/news/200702/09/yahoo.html

本サイトで作成したPipesは以下
http://pipes.yahoo.com/pipes/person.info?eyuid=
IOEXLzUguGYb0iGrKR4QUldZoYrq

作成してから気づいたのですが、出力がRSSとJSON(他にもあるみたい)とあるのでRSS ReaderはGoogle Feed APIを使わなくても実現できますね。JSONならAjaxの制限も関係ないからYahoo!Pipesだけで完結できます。・・・ただ、Javascriptであれだこれだと記述するのが面倒なので今回はGoogleにお任せしました。(ぉぃ)

Pipesはもっと複雑な処理が可能なようなのでもっと便利なものが作成できそうですが、今回は必要十分・・・ってことで超簡単なものです。(というか使い方があまりわからない)Yahoo!USAでアカウントを作成してからコピーして使ってみてください。今回作成したRSS Reader(後日提供)はPipesに対応させてます。・・ってただ、PipesにRSSのURLを渡しているだけですが。

 

JContentPlus for Joomla!1.5 powered by Joomler!.net

joomler.net is not affiliated with or endorsed by the Joomla! Project or Open Source Matters.
The Joomla!(R) name is used under a limited license from Open Source Matters in the United States and other countries.
joomler.net is not affiliated with or endorsed by Open Source Matters or the Joomla! Project.