Oct
19
2012

Localise with Bing Translator(Microsoft Translator)

Print
0 votes
Blog - Joomla!3.x, Blog - Joomla! CMS
Written by:Joomler! 14619 hits

Microsoft Translator(Bing Translator)をサポートしたLocaliseが公開されました。今現在ではJoomla3.0用のみですが、2.5.x用も修正してあるのでまもなく公開されると思います。以前にjuser.jpで公開していましたが、元のLocaliseがバージョンアップされ、juser.jpのそれを改善したものです。

Localise Projectに参加しています。実は参加要請してから、かなり時間が経過してからOKだったので忘れていました。Joomla3.0が出てから気になって変更しはじめた訳ですが、Bing 翻訳がWindows Azure Marketplace配下に変更されていたのに気づかなくて少し遅くなってしまいました。Microsoft Translatorでは、200万文字/月までは、無料のようです。ってか、有料になってしまっています。Localiseの自動翻訳を使う前に、Windows Azure Marketplaceでの登録作業が必要です。使わない方は必要無いです。下記のページに登録方法などを書きました。

Bing Translator から Microsoft Translator へ on Windows Azure

Bing翻訳の時は、appIDひとつで翻訳できたのですが(実は今でもできてたりする。それで余計に気づくのが遅かった。どうやら、以前に取得してあれば今のところ使えるような・・・。)、Facebookや、TwitterのようにToken方式に変更になっているようでレスポンスが悪いのがいけないところです。今後改善が必要・・・(今思いついたことを試してみました。いけるかもしれない。)ビデオを見てもらったらわかるとおり、とにかく遅いです。でも、Google翻訳が有料になったのが本当に残念でならない。

翻訳作業をされている方は、是非お試しを!

さて、JavascriptはJoomla3.0では、jQueryをメインにし、2.5以下は今まで通り、mootoolsをメインにしていますが、mootoolsのドキュメントを見なくても良いくらいになったのに、Joomla3.0になってjQueryのドキュメントをいつも見なくちゃいけないようになったのは、とても面倒です。便利になることも多いかもしれませんが、その何倍かは大変そうな気がします。

Tags翻訳,ドキュメント,3.0,参加,mootools,作業,Bing,Windows,Marketplace,Joomla,Translator,Microsoft,公開,jQuery,2.5,Localise,変更,juser,以前,必要,Azure
 

JContentPlus for Joomla!1.5 powered by Joomler!.net